安心・手軽で人気のモビット、その審査の3大ポイントとは

テレビCMや電車内の広告など、宣伝にも力を入れている大手消費者金融、モビット。どこかでその名前を目にしたことがあるとか、聞いたことがあるという方は多いことでしょう。三井住友銀行グループの消費者金融であるモビットは大手であるため、信用性も高いことに加えて、初めてローンを利用するという方にも優しい配慮がなされていることから、おすすめのカードローンです。即日融資やプライバシーの保護など、高い顧客満足度がありながらも、気軽に誰でも利用しやすいという高品質のサービスがうれしいところ。

 

しかし、そんなモビットを利用したいと思っても、審査に通過できなければ、モビットでの借入を行うことはできません。審査があるのは他の金融機関でも同じですし、モビットの審査だけが特別に厳しいというものでもありません。審査に通過するための一定の基準を満たしていれば誰でも利用できるようになるはずなのですから、不安がある人はまず審査基準についてチェックしてみるようにしてください。

 

モビットの審査に通過するための3大ポイント

 

借入額は年収の1/3まで

モビットをはじめとする消費者金融でお金を借入する際には、貸金業法に基づく「総量規制」という制限が適用されることになります。
総量規制とは、過剰な融資・借入によって返済不可能となることを未然に防止することで、貸主と借主の両方を保護し、円滑な金融が行われることを目的に定められたものです。この総量規制により、年収の1/3を超える金額の借入をすることができず、それ以上の金額を申し込んだり、年収を偽って多く申告したことが判明したりすると、審査を通過することはまず不可能です。審査に際して、年収や勤務先の情報などは詳しく調査されますし、借入希望額が総量規制による制限の中に納まっているかということをしっかりチェックしておきましょう。

 

.同時申し込みは2社まで

短期間のうちに複数社でカードローンを申し込む場合は注意しましょう。そもそも、複数の借入先があるという時点で審査に通過できる確率は下がってしまうのですが、申込を出した時点でその事実が信用情報に履歴として残ってしまいます。それが短期間のうちに3社以上に申込を出している場合には、お金に困っているとか、経済状況が不安定なのではないかと疑われてしまい、審査には相当不利となることでしょう。このような状況は「申込ブラック」と呼ばれ、一度そうなってしまうと6ヶ月間は新たに審査を通過することが難しくなります。それを避けるためにも、やむなく同時に申し込むという場合には、最大でも2社までにしておいたほうが賢明です。

 

.対面申込が苦手なら、web申込

カードローンを申し込むにあたって、担当者と直接会ってやりとりするということが、緊張するとか、挙動不審になってしまって苦手という方も珍しくありません。そのような方のためにWeb申込がありますし、インターネットを介して入力するだけで申込みが済むわけですから、精神的な負担はかなり軽くなるでしょう。パソコンやスマートフォンを使って、自分の部屋から気軽に手続きできますし、仕事で忙しくて店舗に行くことができないという場合にも、手軽で申し込むことができる便利なサービスです。

 

モビットのおすすめポイント

 

カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

モビット

 

 

簡単・便利なWeb完結

 

三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っていて、社会保険証などで職場への在籍を証明できる場合には、簡単・便利なWeb完結型の申込がおすすめです。職場への在籍確認や、自宅への書類やローンカードの発行・郵送といったステップを省くことができますので、プライバシーの保護にもかなり効果があります。

 

簡単・手軽に利用できるモビット

上記の条件を満たすことができていれば、ほぼモビットの審査を通過することができるでしょう。ちなみに、モビットの便利なサービスのひとつである即日融資を受けるためには、平日の9時〜14時50分までの間に手続きを完了させる必要があります。モビットは利用者数も多く、申込が集中するということもありますので、この時間内のできるだけ早くに申し込みを完了させておけば、即日融資を受けることができるでしょう。また、インターネットを利用すれば申込自体は365日・24時間行うことができますし、融資を受けたいと思ったら夜中や休日でも手続きを済ませておくことが良いでしょう。このような利用者の希望にも柔軟に対応してくれるモビット、一度ご利用してみてはいかがでしょうか。

消費者金融は誰でも安心して利用することができる正規の金融機関です!

消費者金融については悪いイメージを持っている人が多いようですが、実際にはそのような消費者金融のイメージは偏見であり、漫画や映画などの影響による間違ったイメージなのです。現在の消費者金融は法律に基づいて営業を行う正規の金融業者ですから、以前のサラ金のように高額な利息を請求されたり、また暴力的な取立てを受けたりすることなどは一切ありません。特にアコムやプロミスなどの大手消費者金融はその大半が銀行グループの一員であり、株式の上場などを行う信頼性の高い企業となっていますので、誰でも安心して気軽に利用することができるのです。ただし様々な消費者金融の中にはクリーンな金融業者だけでなく、一部には悪徳な金融業者なども存在しますので、利用する際にはくれぐれも注意が必要になります。今回は悪質な金融業者とその見分け方について、さらに詳しく解説したいと思います。

 

悪質な金融業者には注意が必要です

カードローンを利用する場合にはテレビのコマーシャルなどで見かけることが多い、知名度の高い大手消費者金融に申し込むことをおすすめします。逆にあまり名前を聞いたことのないような中小の消費者金融については、申し込みを避けるのが賢明かもしれません。中小の消費者金融の多くでは、大手消費者金融に申し込んでも審査に通らないような人たちを主な顧客としています。そのような業者の中にはいわゆる悪徳業者が含まれていますので、大手消費者金融を利用することができる人にはこれらの中小消費者金融の利用はおすすめできないのです。特にダイレクトメールやチラシなどで「大手消費者金融がNGな人でもOKです!」などと宣伝している業者は要注意です。さらに有名なタレントやアイドルなどの写真を無断で利用したり、また大手消費者金融とまぎらわしい社名の業者なども悪徳業者である可能性が高くなります。これらの悪質な金融業者と契約をしてしまうと、その後高額な利息を請求されたり暴力的な取立てを受けたりすることになりますので、カードローンを利用する場合にはくれぐれも慎重に金融業者を選ぶようにしてください。

 

正規の金融業者はどのようにして選べばよいのでしょうか?

それでは具体的にはどのようにして、安心して利用できる正規の金融業者を選べばよいのでしょうか。正規の金融業者を見分けるためには、登録番号の有無をチェックしてみてください。正規の金融業者は金融庁に対して届け出を行っていますので、適正に運営されていることの証明として登録番号の交付を受けています。広告などに「○○財務局長(○)第○○○○○号」などの記載があれば、正規の金融業者であると判断することができるのです。貸金業者には通称「貸金業法」と呼ばれる貸金業の規制等に関する法律が適用されます。この法律の規定により貸金業者が営業を行うためには登録が必要とされていますので、正規の金融業者は必ず登録番号の交付を受けているのです。ただし一部には他の業者の登録番号や実際には存在しない登録番号などを記載する「なりすまし」を行う悪徳業者なども存在しますので、記載された登録番号をそのまま信じてしまうのは危険かもしれません。登録番号については金融庁のホームページで検索することができますので、実際に申し込む前に正規の番号かどうか確認してみることをおすすめします。少しでもおかしいと感じたら、すぐに金融庁などに連絡するようにしましょう。悪徳業者に詳しいプロの相談員に相談することができます。また「日本貸金業協会」のホームページなどにも悪質業者の被害にあわないための情報が掲載されていますので、こちらについても目を通しておくようにしてください。

 

現在の消費者金融には様々な規制などが適用されています

 

以前の消費者金融は「サラ金」と呼ばれていて、高額な金利を請求されたり暴力的な取立てが行われたりすることが一般的でした。しかし厳しい取立てによる自殺や一家心中などが増加して大きな社会問題となったため、その後消費者金融に対する様々な規制や法律の改正などが行われました。現在の消費者金融には様々な規制が適用されています。上限金利の制限や過剰な融資を防ぐ総量規制の導入などにより、消費者金融は誰もが安心して利用することができる金融機関になっているのです。

 

上限金利について

 

消費者金融には法律による上限金利の制限が適用されています。以前の消費者金融では出資法に基づく29.2%の上限金利が採用されていましたが、現在は利息制限法により18.0%の上限金利が適用されています。この上限金利の制限を越える金利を請求されることは、法律により禁止されているのです。

 

総量規制について

 

総量規制は借り入れができる最大限度額を年収の3分の1までに制限する規制であり、過剰な融資が行われて利用者が返済不能に陥ってしまうことを防ぐために制定されました。総量規制については不便だと感じている利用者が多いようですが、実際には総量規制は利用者を保護して利用者の利益を守るために制定されたものなのです。

 

取立ての規制について

 

漫画や映画などのイメージで、消費者金融は厳しい取立てを行うと考えている人が多いようです。しかし実際には取り立てについても貸金業法による規制が行われています。消費者金融には取り立ての際にはこれを遵守することが義務付けられているのです。具体的には以下のような行為が禁止されています。

 

  • 午後9時から午前8時までの間に訪問や電話やファックスなどにより督促を行うこと
  • 電話などによる督促を何度も何度も繰り返すこと
  • 返済の義務がない親族などに返済を迫ること
  • 債務整理を行ったことを知っていながら返済を迫ること

さらに大きな声や威圧的な態度で返済を迫ったり、また張り紙や落書きをして滞納の事実を周囲の人たちに知らせたりすることなども禁止されています。これらに違反をした場合には処分が下されることになりますので、消費者金融ではこれらの規制を遵守した適正な取立てを行うことを心がけているのです。

 

 

消費者金融は返済能力の範囲内で計画的に利用しましょう

急にお金を調達することが必要になった場合などには、消費者金融が心強い味方になります。消費者金融についてはあまりよいイメージを持っていない人が多いようなのですが、消費者金融を上手に活用すれば私たちの生活を豊かにするために大いに役立つはずです。現在の消費者金融は法律を遵守した営業を行う正規の金融業者となっていますので、以前のサラ金のように高額な金利を請求されたり、暴力的な取立てを受けたりすることなどはありません。これまでは消費者金融の利用を躊躇していたという人などにも、消費者金融を積極的に活用してみることをおすすめします。消費者金融は返済能力の範囲内で、計画的に利用することを心がけるようにしましょう。

キャッシング詳細


モビットのおすすめポイント


カードローン 実質年率 融資枠 無利息期間
モビット 3.0%〜18.0% 800万円 なし

※14:50までの振込手続完了が必要です。

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※パート、アルバイトなど安定した収入がある方

※審査時間:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。


モビット